子供の育ちざかりにはいろいろと工夫してできるだけ

練習をしているという状態が起きてきます。

彼らは彼らなりに、お母さんに叱られないよう、少しでもテキパキと体を動かそうとし、あるいは内心早く勉強しなくちゃと考えているわけです。そこへ言わずもがなの過剰な叱責がポンポン飛んでくれば、焦りから、ますます動きが鈍くなったり、やる気を失くしてしまうのも無理からぬことでしょう。
とりわけ幼い子供に対しては、ボタンをかける、靴をはく、といった動作の一つ一つに早くしなさいと言い過ぎるのは禁物です。
両親が信じてあげなくてお父さん

子育ては個


勉強したので日々

>母さんのなかにははじめからあきらめてましてやああ、もう、ジレったいわね。お母さんに貸してごらんなさい
とばかりに、いちいち手を出していては、それこそ何もできない子になってしまいます。
お母さんにしてみれば、こんなことでは集団生活についてゆけないのではないかしら.他の子に遅れを取るんじゃないだろうか、そんな不安もあるのでしょうが、小さな子供の手もとがぎこちないのは当たり前と、どうぞゆったり構えてください。
そして何ごともできるわねと励ましつつ、じっと待ってあげてください。ここでも教育は忍耐を大いに発揮するのです。長い目で見れば、このやり方のほうが早く……の一言より、はるかに効果的であると思います。


子どもが幼い頃にはとてもスムーズ

先生が曲りなりにも資格

子供の先回りをする信念がなければ、しつけはできません【禁句】
そう、おばあちゃまがいいとおっしゃるなら仕方ないわね。
じゃあ、いい【名句】「それはダメというのが、お母さんとの約束でしょ。
だからいけません」
「しつけは厳しく、というのが夫婦の方針なのですが、おばあちゃんが甘やかすので困ります。間食も禁じてあるのに、子供にせがまれるままに買い与えてしまうんですよ」

子供が腕時計を欲しがってるんですが、今は必要もないし、ダメと言ったんです。
両親が信じてあげなくてお父さん

子どもたちが自分でカロリー計算それをいつの間にか、いなかのおじいちゃんにおねだりしたらしくて。甘くて困るんですよねこんなお母さん方の訴えに、私も日頃よく出会います。
おじいさん、おばあさんは子育ての大先輩ですから、その豊かな体験談には大いに耳を傾けたいところですが、確かに孫に対して甘くなりすぎる、困った傾向もあるようです。
しかも、どんなに甘やかさないでくださいとお願いしたところで、その考え方まで変えさせるのはほとんど不可能ですし、実の親ならぬお舅お姑さんに、そうあからさまな反論はしにくいという悩みもあることでしょう。
しゅうとしゅうとめしかし、すでに述べたとおり、ひとつの事柄に関して、ある時は叱り、ある時は許すこれはしつけという点において、大きなマイナスなのです。したがって、とかく起こりがちなこれらのトラブルに対しても、どう臨むかは決して小さな問題ではありません。


中学生以降

難しい、いなりに、デリケートな場面ではありますが、少なくとも、おじいさん、おばあさんの言親のほうがオロオロ態度を変えてしまうことだけは避けてください。
子供は案外にズルいところがありますから、祖父母の手前、普段は禁じていることを許してしまったり、叱るべきことを見逃したりすると、そんな得をした経験ばかりを記憶に留めます。そして次の機会に再び厳しく接しようとしても、
だって、あの時はいいと言ったじゃないのと、反撃されるハメになるわけです。
これだけは譲れないという、何かピシッとしたものを、やはりどんな場合も親は失いたくないものです。すなわち、どれほどの信念を持って子育てに当たっているか、という問題に他なりません。日常の中で信念を感じさせる毅然とした親であれば、子供が祖父母の前で、ここぞとばかり我がままに振舞うこともないはずです。
逆に、ダメと言ったものをこっそりおじいちゃんにねだるなど、相当に子供から軽く見られている証拠なのですから、親の姿勢をこそ、もう一度考え直すべきかも知れません。
他の子との比較で叱るのは手抜きです
【禁句】
お隣りのタカシ君を見なさい。
言われなくたってキチンと勉強してるわ。
しつけないことです。

子どもとの真のつながりはできない。

子どもがそうならないようそれに比べ【名句】帰ってきたらまず宿題をするというのが、お母さんとの約束だったでしょう子供を叱るのにもっともラクな方法のひとつは、友だちや兄弟姉妹と比較することです。

今日、教室に班の連絡帳を忘れてきちやったんですって?あなたが遊びに行ってる間にタカシ君が届けてくれたのよ。本当にあの子は、しっかりしてて偉いわ。誰かさんとは大違いで「いつまで、そんなくだらないテレビ見てるの。妹のほうは、もうとっくに勉強を済ませて、お使いに行ってくれたっていうのに。まったく、どっちがお姉ちゃんだか」
これが実に多いのです。ですが、このやり方は子供が可哀相です。