母子がすぐ近くにいるだけ

先生にも目の向けどころを変えてもらいたい

つまり良い面を引き出す意欲を引き出す、これが教育ということになります。叱りつけて、これらを引き出すのは難しいですが、ほめられた時、期待された時には
大人でさえ、やってみて良かった
き上がるではありませんか。

よし、今度も頑張ってみようという気が自然に湧ちょっとしたほめ言葉の効用ほめることにあまりにも慣れていないお父さんお母さんは、急にほめなさいと言われても、何をどうほめたらいいのか、ちょっと戸惑うようなところもあるいはあるかもしれません。でも、それは簡単なことです。難しい言葉も必要ないし、長い表現もいりません。
頑張ったねよくやったねやればできるじゃないお前なら絶対大丈夫安心だわ信じてるよ
たった一言ずつでいいのです。

子どもが決める

いくら良いことをしたからといって、いちいちほめていたら、甘やかすことになるのではないか、という心配は無用です。どうしたって親は叱るべきことばかりに目がいくのですから、少し意識してほめる点を探すくらいで、ちょうど良いバランスが取れると思いますあとは、なるべくプロセス過程をほめるよう、気を配ることです。世の中全体は何ごとにも結果を重視する傾向にあります。受験生がどんなに一生懸命勉強したんですと主張したところで、テストの結果が思わしくなければ、大学は入学を認めてくれません。
本当に好ましくはないことですが、ない部分があります。
学校の先生ですら結果で子供たちを評価せざるを得子供の一番そばで、結果へ至るプロセスを見守ってあげられるお母さんだけが、とした努力や工夫をほめる資格を持っているのです。そして、それをほめる時こそ
あ、やっぱりお母さんは私のことをちゃんと見ていてくれたんだちょっと、子供がもっとも喜び、安心する瞬間なのです。

 

母と娘というものです。

子どもになってしま特父親は家にいる時間が昔

叱り方三つのポイントこうしてゆくと、子供は叱らずにほめたほうが良いということになりそうですが、実はそれは違います。ほめることは必要ですが、叱ることもまた欠かせません。ほめること
叱ることが、両輪のように上手に回転して初めて良いしつけという車は走り出すのです子供はいたずらや失敗をした時、あ、これは叱られるなということを自分でも感じています。ところが予想に反して、お母さんは何も言いませんでした。子供はホッとして、また同じことを繰り返します。それでもお母さんが叱らなかったら、子供はどう思うでしょうカ「お母さんは、どうして叱らないんだろう。ボクのことなんかどうでもいいのかな」
noと、だんだん不安になってしまいます。
子供も決して珍しくはありません。
事実、親が叱ってくれないと言って非行に走る叱ることは必要です。ただ叱り方を間違えるな
ントを三つ、ご説明しましょう。
ということなのです。
叱り方のポイまず第一に、叱る怒るは違うことを知ってください。

子供からどのような姿にうつっているのだろう怒るのは感情です。
子供の行為にカッとなりヒステリックに怒鳴っても、教育的効果は望めません。さきほどもちょっとふれましたが、ほとんどのお母さんは怒っているのです。もちろん感情のない人間はいませんから、怒らないでいることは易しくはありません。私自身、子供たちが小
さかった時分を思い起こすと、やはり叱る
より怒る
ことのほうが多かったと反省しています。
一方、叱るとは、ある程度の距離を置き、冷静にことの善悪を判断して、ピシッとした注意を与える行為です。心にゆとりがありますから声も穏やかで、的を射た言葉が出てきます。しつけに本当に効果があるのは、こちらの叱るほうだけです怒らずに叱るためには、叱り方のコツに通じていなければなりません。
小学校五六年生のときに教師から三羽烏と謳われ国立
小学校五六年生のときに教師から三羽烏と謳われ国立

勉強のできるしっかりした子なのです

母さんが祈って祈ってこの世に生まれてきぜひ、上手な叱り方の工夫というものを研究して欲しいと思います。
お母さん方には二つめのポイントは、その場で叱る心掛けです。

お前はあの時、こんなことをしたでしょ!!
とくに小さい子の場合はなどと、時が経ってから叱っても何の役にも立ちません。叱るべきことは、それが行なわれた時点で叱るのが原則です。少なくとも、それが親にわかった時点で叱らなければなりません。
これは簡単なようでいて、意外に徹底されていないのです。たとえば、人前で子供を厳しく叱るのは
みっともないのでお客さまのみえている時に子供が禁じてあることをしても
あらあら、イヤねえ、ホホホ……で済ませ、心の中であとでひどいからねなどとつぶやいています。

勉強なこと言ったって手遅れだよねえ

けれども、しっけにあとでは通用しません。幼い子であればあるほど、都合の悪いことはサッサと忘れます。
また、小学校の上級生ぐらいになると
お母さんたら、お客さんの前だからイイカッコして3と思うでしょう。親の権威も何もあったものではありません。
他人が見ていようがいまいが悪いことはタイミングを逃さず、その場でピシリと叱るのがよいのです。
最後は例外を作らないということです。これが一番重要ではないかと思います。昨日は叱られたその同じことを、今日はお母さんがテレビに夢中になっていたので、ちょっとうるさそうに睨まれただけだった。
いことなのか、子供は判断の基準を失ってしまいます。しつけの効果が上がらないどころか、後もどりすることになります。大学紛争がおこった。


父親は家にいる時間が昔 学校で受けた抑圧から解放することができたのです。 大学の先輩