最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

日本が壊れる前に――「貧困」の現場から見えるネオリベの構造

  • 79 読みたい
  • 6 現在読んでいるもの

発行元 金成隆一 .

    Download 日本が壊れる前に――「貧困」の現場から見えるネオリベの構造 本 Epub や Pdf 無料, 日本が壊れる前に――「貧困」の現場から見えるネオリベの構造, オンラインで書籍をダウンロードする 日本が壊れる前に――「貧困」の現場から見えるネオリベの構造 無料で, 本の無料読書 日本が壊れる前に――「貧困」の現場から見えるネオリベの構造オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本が壊れる前に――「貧困」の現場から見えるネオリベの構造 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  中村淳彦, 藤井達夫
    • シリーズ名:  日本が壊れる前にーー「貧困」の現場から見えるネオリベの構造
    • 発売日:  2020年12月04日
    • 出版社:  亜紀書房
    • 商品番号:  4910000131158
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    学費のため風俗に走る女子大生、貧困地域で蔓延する主婦の売春、低賃金で部品のように働かされる介護現場。

    ーー「貧困」は社会のいちばん弱い部分を直撃する。


    バブル崩壊から日本社会は転げ落ちはじめた。

    終身雇用、労働組合のあり方、すべてが時代遅れとされ、ネオリベ(新自由主義)と自己責任論が社会を席捲した。


    そこで犠牲になったのは、主に女性たちと若者。

    そして、いま中年男性が狙われている。


    国が決めたマクロな政策はときに末端の人々を壮絶な現実に陥れる。

    ーー衰退途上国で、次に堕ちるのは、中年の男たちだ。


    衰退途上国・日本の現状を徹底討論したノンフィクションライターと政治学者による平成30年史。そして未来は?


    【目次】

    プロローグ 新自由主義とは

    1 コロナ禍が浮き彫りにした見たくなかった現実

    2 コロナがなければ、中年男性が死ぬはずだった

    3 どうして団塊の世代だけが恵まれるのか

    4 分断をこえて、ポストコロナを生きる


    あとがき

    ・なによりも死にたくないという覚悟をーー中村淳彦

    ・政治の行き詰まりと私たちのこれからーー藤井達夫

あなたも好きかもしれません

日本が壊れる前にーー「貧困」の現場から見えるネオリベの構造 by 金成隆一 ダウンロード PDF EPUB F2