子どもに無理をさせた覚えはありません。

子供に接した。

幼稚園に入園したり小学生
小学校1年生なら一年生なりの物の見方がありますから、案外親のほうがハッとする場面が見られるかもしれません。
こんな親子の対話から、で頭の良い子が育ちます。
物事を広い範囲でとらえ、深く考えることのできる、真の意味繰り返しここで言っておきたいのですが、親子が対話を持つのに最もふさわしいのは食事の時間です。最近、食事を一人でとる子供の存在が問題になっていますが、親が仕事でやむなく外出しているならともかく、家にいながら一緒に食卓を囲まず、てんでにテレビを見ている、洗濯をしているとは、いったいどういうことなのでしょう。
せんたく食事は単にお腹に物をつめこむ作業ではないのです。人間の基本的なマナーが集約されている格好のしつけの場であり、心にも栄養を与える大切な時間です。もしもこれを軽んじているとしたら、どうしつけるか
などと論ずる以前に、今すぐ考えを改めてください。
いじめられている同級生を殺すという事件があった。

先生は助けを求めました。

根ほり葉ほりは対話ではありません【禁句】「今日は何をしたの。
それから?
それで?
もっと詳しく話しなさい」
【名句】
お母さんね、今日こんなことがあったのよ。
あなただったらどうする?
「今日はね、ボクたち運動会の練習をしたよ。徒競争と玉入れは面白いから大好きなんだ。
でもフォークダンスはうまくできなかったの。明日もまた練習するんだって」
子供がその日一日に起こったことをすっかり話してくれるひと時は、お母さんにとっても楽しみの一つだろうと思います。幼児期と違い、次第に手もとを離れている時間も長くなってくるとなおさら、何でも話してくれるということは、安心でもあるでしょう。
しかし、やがて学年が進んでくるうち、だんだん子供のねえお母さんが少なくなってきたことに気付くはずです。

 

大学を卒業し一流会社に入社したという男性です

少しずつ
自分の世界が育ってきて、しかもその中で友だちの占める比重がお母さんのそれよりも大きくなりつつあるからに他なりません。
これはごく自然な成長の証しなのに、親のほうが付いて行けないことが、しばしばあります。なるほど子供が自分のことをあまり話してくれないのは淋しいものです。だからと言って
今日は何があったの。それでどうしたの。それからと根ほり葉ほり問いつめても、子供の口はますます重くなるだけですでも放っておいたら、どんどん親子の対話がなくなってしまうのではありませんかとおっしゃるお母さんもいますが、そんなことはありません。ただ子供の成長につれてその内容は変わってゆくべきだと言いたいのです。進んで話したがらないことを無理に尋ねる行為を対話とは呼べません。
自分の世界が広がってゆく時期は、自分中心だった物の見方や興味の対象が、急速に外界に向かう時でもあります。だから、話題の中心をもっと一般的なことに移せばいいのです。いわゆる大人の会話に近づけるわけです。
また、これまではお母さんが聞き役一方だったのですから、してあげたらどうでしよう。
いじめられている同級生を殺すという事件があった。

父親の生きざまを見て人生を学ぶ
時には逆にお母さんのほうから、大人扱いが何よりも嬉しい年頃です今度は自分のことを少し話相談事もしてごらんなさい。
ただ一つだけ忘れてならないのは、要な時が必ずある、ということです。
だけは、常に作っておいてください。
やっぱり子供は子供、本当に親の助言や励ましが必その時には遠慮なく何でも相談できるような雰囲気
根ほり葉ほりは対話ではありません【禁句】「今日は何をしたの。
それから?
それで?
もっと詳しく話しなさい」
【名句】
お母さんね、今日こんなことがあったのよ。
あなただったらどうする?
「今日はね、ボクたち運動会の練習をしたよ。徒競争と玉入れは面白いから大好きなんだ。
でもフォークダンスはうまくできなかったの。明日もまた練習するんだって」

 

いじめる子の親はわが子に腹を立てて

ただ子供の成長につれてその内容は変わってゆくべきだと言いたいのです。進んで話したがらないことを無理に尋ねる行為を対話とは呼べません。
自分の世界が広がってゆく時期は、自分中心だった物の見方や興味の対象が、急速に外界に向かう時でもあります。だから、話題の中心をもっと一般的なことに移せばいいのです。いわゆる大人の会話に近づけるわけです。
また、これまではお母さんが聞き役一方だったのですから、してあげたらどうでしよう。時には逆にお母さんのほうから、大人扱いが何よりも嬉しい年頃です今度は自分のことを少し話相談事もしてごらんなさい。
ただ一つだけ忘れてならないのは、要な時が必ずある、ということです。
だけは、常に作っておいてください。

子どもが話


子供がその日一日に起こったことをすっかり話してくれるひと時は、お母さんにとっても楽しみの一つだろうと思います。幼児期と違い、次第に手もとを離れている時間も長くなってくるとなおさら、何でも話してくれるということは、安心でもあるでしょう。
しかし、やがて学年が進んでくるうち、だんだん子供のねえお母さんが少なくなってきたことに気付くはずです。少しずつ
自分の世界が育ってきて、しかもその中で友だちの占める比重がお母さんのそれよりも大きくなりつつあるからに他なりません。
これはごく自然な成長の証しなのに、親のほうが付いて行けないことが、しばしばあります。なるほど子供が自分のことをあまり話してくれないのは淋しいものです。だからと言って
今日は何があったの。それでどうしたの。それからと根ほり葉ほり問いつめても、子供の口はますます重くなるだけですでも放っておいたら、どんどん親子の対話がなくなってしまうのではありませんかとおっしゃるお母さんもいますが、そんなことはありません。
勉強ばかりさせられている

母は父の死後

母さんが時々話し合って

経験を深めるのもさる
個性が見えてき

あなたが悪いんだったら謝りなさい
公園で子供を遊ばせながら、近所の奥さんとのお喋りに夢中になっていると、突然ワーッという泣き声が聞こえました。驚いて振り返ると、ペタンと地面に尻もちをついて大声で泣いているのは、話をしていた奥さんの子供で、そのそばに仁王立ちになっているのは我が子です。さて、あなたならどうしますか。
現実にこんな場面にぶつかったら、おそらくたいていのお母さんは、相手の子を助け起こし、自分の子供に向かっては何てことするの、お友だちにこんな乱暴をして。謝りなさい
慌てて駆け寄ってと叱るでしょう。一つは相手のお母さんへの気兼ねから、泣いているのがお友だちのほうだからです。

いじめちゃだめ

そしてもう一つは他でもない.でも考えてみれば、これだけの状況では本当に自分の子が乱暴したのかどうかは分かりません。どちらが悪いわけでもなく単なる偶然だったか、あるいは相手の子のほうが乱暴しようとして、自らバランスを失ったのかも知れません。
私たちはたびたび、結果だけを見てもの事を判断するという過ちを犯します。とくに子供のケンカを見つけると、とりあえず泣いているほうを庇い、もう一方を叱ってしまいます。が、仮にその裁断が間違っていたとしましょう。子供は抗議を試みます。
違うわ、だって00ちゃんが悪いのよ
「まあ、この子ったら。どうして素直にごめんなさいと言わないのツ」
困ったことに、子供に反論されると親はますますカッとしてしまうのです。

両親と協力しながら一歩一歩

子供は子供で興奮していますから、理論的な説明ができません。ついにはこちらも泣き出してしまいます子供というものは、大人よりはるかに公平な正義を求めるようなところがあります。
癖なのです。理不尽な扱いを受けた時の傷つき方は、私たちが考える以上です。
潔親はどんな場合にも、結果のシーンだけを見て叱るのではなく、どうしてそうなったのかを尋ねるだけの冷静さを持ちたいものです。そして間違って叱ってしまったとしたら
さっきは興奮して思わず叱っちゃつたけど、あなたが悪いんじゃなかったのね。ごめんと、あとから必ずあやまってください。
小さな心に屈辱と不信の芽を残さないように。
罰の与え方にもルールがあります【禁句】またこんなことして。
今日のおやつは抜きよ、分かったわね

【名句】
なぜ叱られるのか、分かるわね。
どうすればいいか、自分でよく考えてごらんなさ子供を叱るのに、あります。子どもを導こうと力ん

両親に甘え

言葉だけではなく、何らかの罰をもって臨まなければならないことが小さい子の場合でしたら、時には体罰が効果的だろうと思います。して良いことと悪いことの区別がまだ頭では理解できないうちは、とにかくそのつど繰り返し繰り返し叱ることです。それでも聞かなければ強硬手段を取ってでも、体で覚えさせる必要が生じてくるからです。
浩宮さまにしても、この種のお仕置きが実行されることはありました。まずはじめはいつものようにいけませんの言葉からスタートするのですが、たまたまご機嫌が悪かったり、調子に乗られたりで、二度三度とお叱りしてもお聞きにならない時、暗い部屋や戸棚に閉じこめる、廊下や庭に立たせる、などの方法がとられるわけです。

育児書を何冊か書いています。
大学の正高信男によれば

教育機器の開発によってふつう

母さんは非常によく育っていると思っていたのです。陛下がお尻を叩かれるということもしばしばでした。
しかし、体罰を与える場合に一つ注意したいのは、親はあくまでも冷静であって欲しいということです。腹立ちまぎれに叩くのは、決して愛のムチとは言えません。カッとした時には、むしろ絶対に手をあげない、ぐらいのつもりでいてください。その点、叱責や体罰の一つ一つがお子様の成長を願われてのことであり、その愛情を自然にお子様方にも伝えておられた両陛下は、本当にご立派だったと思います。
さて、子供がもう少し成長してきますと、体罰がどうしても必要とされるケースは、かなり限られてくるはずです。かわって、おやつを取り上げる、お小遣いを減らす、などといった罰が登場します。それらも効果ありと思われる時には大いに結構ですが、理屈でも充分聞き分けられる年齢に達したら、過ちと罰を、あまり直截に結び付け過ぎないようにしてくださいすでに述べたように
叱られるから、やらないのではなくいけないことだから、やらないのだという道徳観念を、しっかりと育てるためにも、罰で報いることを習慣にしたり、罰を脅しの材料に使うのは避けたいものです。

母親にも多くの責任があるのでないかと言っている。

むやみに罰を与えたり手をあげるのではなく、子供の成長に合わせて、なぜそれがいけないことなのか、自分の頭で考えさせるような方向に持っていけたらベストでしょう。

こんな

言葉の体罰は見当違いです【禁句】
言うことを聞かないなら、お母さん、もうあなたには何もしてやらないからね【名句】「いつも言っていることでしょ。
だったら、きちんと守りなさい」
叱責と罰についての私の考えをお話ししましたが、これとはちょっとニュアンスの違うにも触れておきたいと思います。つまり、いわゆる体罰とか、おやつやお小遣いを取り上げるといった現実的な罰ではなく、言葉による罰--脅し、と言ったほうがいいかもしれません!


子どもを導こうと力ん 父親が会社でどういう仕事をしている 子どもを導こうと力ん