いじめられている同級生を殺すという事件があった。

先生の話すのを聞いて啓子

けに、せっかく叱ってくれた人に対して、感謝するどころかうちの子のことは、放っておいてください!!
おまなどと喰ってかかる親までいるのですから、呆れるばかりです。
わざ不愉快な思いをしてまで、他人のことには口を突っこむまい、でしょう。
だからなおさら、わざとする風潮が強まるのですが、また罪であり、と同時に、相手が子供であろうが大人であろうが、他人の間違った行ないを見逃すことも一社会人として恥ずべき行為であることには自分の子供さえ良い子なら、変わりありません。
母さんだって完璧じゃない

父親から学んだと言っている。


子どもが夢中になる各種のゲーム

>勉強すればホいまはどうだ。他人の子はどうあろうと構わない、と考える親に、本当の意味での良い子は育てられません。
仮にあなたのほうも子供連れであれば、おそらくその子は「ボクにはいつもしてはいけないと言ってることを、あの子はやっているのに、ママはどうして黙ってるんだろう」
と、不思議に思うことでしょう。その純粋な問いに対して、「そうね、あの子は悪い子ね。でも、あなたはあんなことをしないでね」
と小声でささやくだけでは、やはり不充分なのです。そんなことで、子供は納得しません。自分の子であろうが他人の子であろうが、良いことは良い悪いことは悪いと教えてあげることこそが、人間として正しい行為であり真の親切だ、と身をもつて示すのが、生きた教育というものでしょう。


先生と大切です。

子供のほうもただ無自覚

体験させてあげてください。もちろん、あなたの子供が他人から叱ってもらった時に、であることは言うまでもありません。
ありがたいと受け止めるべき
過ちを繰り返させないために【禁句】
何てことをしてくれたの。
そんな子に育てた覚えはありません。
もう情けないった【名句】「もう二度と、こんなことしないわね。
お母さん、あなたを信じているわ」
素直ないい子と考えていた子供が、万引きで警察に突き出されたという連絡を受けたとしたら、あなたはどうするでしょうか。たいていの親はうろたえ、絶望し、嘆き悲しむことでしょう。それほど親にはショッキングな出来事です。しかし、それはぜひ一時の感情にしていただきたいものです。
母は父の死後

子どもはピンと分かると思います。なにも、この世が終わってしまったわけではありません。
一度でも過ちを犯した子供は、本当に悪い子でしょうか。もう、その子は限りなく転落の道を行くしかないのでしょうか。決してそんなことはないのです。
とりわけ最近の子供の非行は、遊び型だと言われています。仲間外れにされたくないから、面白いからやってみろと言われたので、など実に幼稚なきっかけで、いわゆる非行と呼ばれる行為に走ってしまいますが、感覚的には、ほとんど悪戯の延長のようなものです。


子どもがなにに面食らっているかが親にわからない。

だからといって許されるわけはないし、そこに至るまでの教育には、どこか問題があったかも知れません。しかし、いまこの時点での親の対応のいかんによっては、それこそ本当に子供は、間違った方向へと一直線に進んでしまいます。
あんたって子は、とりかえしのつかないことをしてくれたわね
と、ことさら一生の大事に仕立てあげて、大げさに嘆くこと!
「もう、ご近所に顔向けできないわ。恥ずかしくて買い物にも行けやしない」
などと、私たちの育て方が間違ってたんだわ。
世間体を前面に押し出して、責め立てること!
父親が会社でどういう仕事をしている

子供のほうも心得

母親の迫力のまえに圧倒されてしまっているあるいはもうどうしたらいいのか、お母さん、分からない
これらはいずれと、あたかもすべてを否定してしまうかのような言い方をすること-子供の心をますます傷つけ追いつめる、も、危険な禁句です他の誰でもない、それよりも、さんの子です。
もっと子供を信ずることこそ大切です。
両親が信じてあげなくて、お父さんとお母どうして子供は救われるでしょうか。
もちろん中には、根深い原因があり、そこを解決しなければ何にもならない場合もありますが、とにかく最初は子供を全面的に信用することから始めることです。

子供の育ちざかりにはいろいろと工夫してできるだけ

練習をしているという状態が起きてきます。

彼らは彼らなりに、お母さんに叱られないよう、少しでもテキパキと体を動かそうとし、あるいは内心早く勉強しなくちゃと考えているわけです。そこへ言わずもがなの過剰な叱責がポンポン飛んでくれば、焦りから、ますます動きが鈍くなったり、やる気を失くしてしまうのも無理からぬことでしょう。
とりわけ幼い子供に対しては、ボタンをかける、靴をはく、といった動作の一つ一つに早くしなさいと言い過ぎるのは禁物です。
両親が信じてあげなくてお父さん

子育ては個


勉強したので日々

>母さんのなかにははじめからあきらめてましてやああ、もう、ジレったいわね。お母さんに貸してごらんなさい
とばかりに、いちいち手を出していては、それこそ何もできない子になってしまいます。
お母さんにしてみれば、こんなことでは集団生活についてゆけないのではないかしら.他の子に遅れを取るんじゃないだろうか、そんな不安もあるのでしょうが、小さな子供の手もとがぎこちないのは当たり前と、どうぞゆったり構えてください。
そして何ごともできるわねと励ましつつ、じっと待ってあげてください。ここでも教育は忍耐を大いに発揮するのです。長い目で見れば、このやり方のほうが早く……の一言より、はるかに効果的であると思います。


子どもが幼い頃にはとてもスムーズ

先生が曲りなりにも資格

子供の先回りをする信念がなければ、しつけはできません【禁句】
そう、おばあちゃまがいいとおっしゃるなら仕方ないわね。
じゃあ、いい【名句】「それはダメというのが、お母さんとの約束でしょ。
だからいけません」
「しつけは厳しく、というのが夫婦の方針なのですが、おばあちゃんが甘やかすので困ります。間食も禁じてあるのに、子供にせがまれるままに買い与えてしまうんですよ」

子供が腕時計を欲しがってるんですが、今は必要もないし、ダメと言ったんです。
両親が信じてあげなくてお父さん

子どもたちが自分でカロリー計算それをいつの間にか、いなかのおじいちゃんにおねだりしたらしくて。甘くて困るんですよねこんなお母さん方の訴えに、私も日頃よく出会います。
おじいさん、おばあさんは子育ての大先輩ですから、その豊かな体験談には大いに耳を傾けたいところですが、確かに孫に対して甘くなりすぎる、困った傾向もあるようです。
しかも、どんなに甘やかさないでくださいとお願いしたところで、その考え方まで変えさせるのはほとんど不可能ですし、実の親ならぬお舅お姑さんに、そうあからさまな反論はしにくいという悩みもあることでしょう。
しゅうとしゅうとめしかし、すでに述べたとおり、ひとつの事柄に関して、ある時は叱り、ある時は許すこれはしつけという点において、大きなマイナスなのです。したがって、とかく起こりがちなこれらのトラブルに対しても、どう臨むかは決して小さな問題ではありません。


中学生以降

難しい、いなりに、デリケートな場面ではありますが、少なくとも、おじいさん、おばあさんの言親のほうがオロオロ態度を変えてしまうことだけは避けてください。
子供は案外にズルいところがありますから、祖父母の手前、普段は禁じていることを許してしまったり、叱るべきことを見逃したりすると、そんな得をした経験ばかりを記憶に留めます。そして次の機会に再び厳しく接しようとしても、
だって、あの時はいいと言ったじゃないのと、反撃されるハメになるわけです。
これだけは譲れないという、何かピシッとしたものを、やはりどんな場合も親は失いたくないものです。すなわち、どれほどの信念を持って子育てに当たっているか、という問題に他なりません。日常の中で信念を感じさせる毅然とした親であれば、子供が祖父母の前で、ここぞとばかり我がままに振舞うこともないはずです。
逆に、ダメと言ったものをこっそりおじいちゃんにねだるなど、相当に子供から軽く見られている証拠なのですから、親の姿勢をこそ、もう一度考え直すべきかも知れません。
他の子との比較で叱るのは手抜きです
【禁句】
お隣りのタカシ君を見なさい。
言われなくたってキチンと勉強してるわ。
しつけないことです。

子どもとの真のつながりはできない。

子どもがそうならないようそれに比べ【名句】帰ってきたらまず宿題をするというのが、お母さんとの約束だったでしょう子供を叱るのにもっともラクな方法のひとつは、友だちや兄弟姉妹と比較することです。

今日、教室に班の連絡帳を忘れてきちやったんですって?あなたが遊びに行ってる間にタカシ君が届けてくれたのよ。本当にあの子は、しっかりしてて偉いわ。誰かさんとは大違いで「いつまで、そんなくだらないテレビ見てるの。妹のほうは、もうとっくに勉強を済ませて、お使いに行ってくれたっていうのに。まったく、どっちがお姉ちゃんだか」
これが実に多いのです。ですが、このやり方は子供が可哀相です。