子どもは親の後ろ姿を見て育つ母親や父親の世間話の中で

幼児には何もお手伝いをさせていないという家庭がふえてしまいました

教育の中で

子どもは、先生を選択することができません「先生」と呼ばれている存在の中で、相手に選択権のないのは、学校の教師のみです。医者も代議士も「先生」と呼ばれてはいますが、相手に選択権があります。それだけに、子どもに合わない教師が担任になったと「人質にとられたようなものだという言葉を使うことさえあります。その際の教師と子どもとの関係は断絶しています。子どもはそうした関係を敏感に感じ取り、それに対する反応として問題行動を現したり、さらに強めることになります子どもとの関係を大切にしない教師は、弱者である子どもの前で傲慢です。

教育からみると”オシッコをしない先生の話ははなはだ滑稽であろうが

子どもに対して、何となく見〈ぴっているようなふるまいをするのです。しかも、自分の考えた「よい子」のわく組に子どもをはめ込もうとしたり、学級経営にも「まとまり」を求めることを急ぎ、静かな学級であることを誇りにします。そのような教師には、一人ひとりの子どもの特徴や個性は見えなくなり、自分の考えた「よい子」のわく組に合わないと個性のある子どもなのに問題児と考えてしまいがちですつまり、画一的な教育の中で、規則で子どもを統制している教師には、自発性があり個性的な子どもの行動は、問題行動として評価されることになるのです。したがって、どのような子どもを「よい子」と評価しているかについて、教師自身が十分に検討してみる必要があり、それ以上に、教師間での討論が必要になりますとくに、前の担任によって問題児と評価されていた子どもが、新しい担任によっては問題なしと評価されるような場合には、二人の間で討論するよい機会が提供されているわけですが、現在の教育界には教師間で討論する風潮はほとんど認められないといってもよいでしょう。そこに、子どもたち、とくに問題行動児の悲劇がぁどの子どもにも、とくに問題行動児にも、必ず「よい面」があります。

 

幼児にすると

子どもの欲望に制限を加えようと努力したがそれが無駄だとは言わないが、そこだけを刺激してもしょうがないと言うのだ。人間は勝手に成長して、学校に行けば勝手に考えられるようになると思っている親の子どもは可哀想だ。家庭内で意識的に考える機会を与えられないから、自発的に考えようとすることが少ない。思考は運動と同じ習慣だ。思考力は筋力と同じだ。だから、運動が習慣になっている人が、運動をしていないと落ち着かないのと同じように、運動をすればするほど、筋肉の性能は上がっていくように、思考力も高まっていく。何かあると筋道を立てて考えていないと落ち着かなぃ。

幼児がどうすればいいのかを親が褒めることで指し示すと考えることよりも正確に速く答えが出ることの方が、とにかく偉いと思うようになりがちだ。単純計算が速くて正確であることがすごいと思い込んでしまった子どもや親はすると、いろいろなテクニックを丸覚えすれば良いと言うような幻想を抱く。テクニックに当てはめれば、中学の問題のほとんどは処理が出来るからだ。そこには、考える力はほとんど要らない。そう言う子どもはたった一つの正解が出る問題には強いだろう。

幼児相手に怒りをコントロールできなくなる自分に対して自己嫌悪を感じるかもしれませんでも

これって「興味」を持っているからです。「これって、なんだろう?」「おもしろそうそういう「興味の種」が子どもにはもともとあるのですね。他にもありますよ(^^)首が座ってくると寝返りを打っようになりますね。寝返りができるとお座りができるようになります。お座りができるとハイハイができるようになりますね。

子どもの姿を受け入れ世界一の

幼児を引っ込み思案にするそして立つことができて、歩けるようになります。そう、子ども達には「運動の種」もあるのです。まだまだあります。興味もあって、ハイハイもできるようになると、動きまわってさまざまなイタズラをするようになりますよね。これは「積極性の種」です。そして、積極的に興味を持って動き出すと、いろんなところにぶつかったりして痛い思いれが發かるようになるとぶつからないように気を付けるよう:もなってきます。Chiは「学:習の種」なをします.何かにぶつかると痛い·そ同じ様に、人を思いやる「優しさの種」。