子どもに無理をさせた覚えはありません。

子供に接した。

幼稚園に入園したり小学生
小学校1年生なら一年生なりの物の見方がありますから、案外親のほうがハッとする場面が見られるかもしれません。
こんな親子の対話から、で頭の良い子が育ちます。
物事を広い範囲でとらえ、深く考えることのできる、真の意味繰り返しここで言っておきたいのですが、親子が対話を持つのに最もふさわしいのは食事の時間です。最近、食事を一人でとる子供の存在が問題になっていますが、親が仕事でやむなく外出しているならともかく、家にいながら一緒に食卓を囲まず、てんでにテレビを見ている、洗濯をしているとは、いったいどういうことなのでしょう。
せんたく食事は単にお腹に物をつめこむ作業ではないのです。人間の基本的なマナーが集約されている格好のしつけの場であり、心にも栄養を与える大切な時間です。もしもこれを軽んじているとしたら、どうしつけるか
などと論ずる以前に、今すぐ考えを改めてください。
いじめられている同級生を殺すという事件があった。

先生は助けを求めました。

根ほり葉ほりは対話ではありません【禁句】「今日は何をしたの。
それから?
それで?
もっと詳しく話しなさい」
【名句】
お母さんね、今日こんなことがあったのよ。
あなただったらどうする?
「今日はね、ボクたち運動会の練習をしたよ。徒競争と玉入れは面白いから大好きなんだ。
でもフォークダンスはうまくできなかったの。明日もまた練習するんだって」
子供がその日一日に起こったことをすっかり話してくれるひと時は、お母さんにとっても楽しみの一つだろうと思います。幼児期と違い、次第に手もとを離れている時間も長くなってくるとなおさら、何でも話してくれるということは、安心でもあるでしょう。
しかし、やがて学年が進んでくるうち、だんだん子供のねえお母さんが少なくなってきたことに気付くはずです。

 

大学を卒業し一流会社に入社したという男性です

少しずつ
自分の世界が育ってきて、しかもその中で友だちの占める比重がお母さんのそれよりも大きくなりつつあるからに他なりません。
これはごく自然な成長の証しなのに、親のほうが付いて行けないことが、しばしばあります。なるほど子供が自分のことをあまり話してくれないのは淋しいものです。だからと言って
今日は何があったの。それでどうしたの。それからと根ほり葉ほり問いつめても、子供の口はますます重くなるだけですでも放っておいたら、どんどん親子の対話がなくなってしまうのではありませんかとおっしゃるお母さんもいますが、そんなことはありません。ただ子供の成長につれてその内容は変わってゆくべきだと言いたいのです。進んで話したがらないことを無理に尋ねる行為を対話とは呼べません。
自分の世界が広がってゆく時期は、自分中心だった物の見方や興味の対象が、急速に外界に向かう時でもあります。だから、話題の中心をもっと一般的なことに移せばいいのです。いわゆる大人の会話に近づけるわけです。
また、これまではお母さんが聞き役一方だったのですから、してあげたらどうでしよう。
いじめられている同級生を殺すという事件があった。

父親の生きざまを見て人生を学ぶ
時には逆にお母さんのほうから、大人扱いが何よりも嬉しい年頃です今度は自分のことを少し話相談事もしてごらんなさい。
ただ一つだけ忘れてならないのは、要な時が必ずある、ということです。
だけは、常に作っておいてください。
やっぱり子供は子供、本当に親の助言や励ましが必その時には遠慮なく何でも相談できるような雰囲気
根ほり葉ほりは対話ではありません【禁句】「今日は何をしたの。
それから?
それで?
もっと詳しく話しなさい」
【名句】
お母さんね、今日こんなことがあったのよ。
あなただったらどうする?
「今日はね、ボクたち運動会の練習をしたよ。徒競争と玉入れは面白いから大好きなんだ。
でもフォークダンスはうまくできなかったの。明日もまた練習するんだって」

 

いじめる子の親はわが子に腹を立てて

ただ子供の成長につれてその内容は変わってゆくべきだと言いたいのです。進んで話したがらないことを無理に尋ねる行為を対話とは呼べません。
自分の世界が広がってゆく時期は、自分中心だった物の見方や興味の対象が、急速に外界に向かう時でもあります。だから、話題の中心をもっと一般的なことに移せばいいのです。いわゆる大人の会話に近づけるわけです。
また、これまではお母さんが聞き役一方だったのですから、してあげたらどうでしよう。時には逆にお母さんのほうから、大人扱いが何よりも嬉しい年頃です今度は自分のことを少し話相談事もしてごらんなさい。
ただ一つだけ忘れてならないのは、要な時が必ずある、ということです。
だけは、常に作っておいてください。

子どもが話


子供がその日一日に起こったことをすっかり話してくれるひと時は、お母さんにとっても楽しみの一つだろうと思います。幼児期と違い、次第に手もとを離れている時間も長くなってくるとなおさら、何でも話してくれるということは、安心でもあるでしょう。
しかし、やがて学年が進んでくるうち、だんだん子供のねえお母さんが少なくなってきたことに気付くはずです。少しずつ
自分の世界が育ってきて、しかもその中で友だちの占める比重がお母さんのそれよりも大きくなりつつあるからに他なりません。
これはごく自然な成長の証しなのに、親のほうが付いて行けないことが、しばしばあります。なるほど子供が自分のことをあまり話してくれないのは淋しいものです。だからと言って
今日は何があったの。それでどうしたの。それからと根ほり葉ほり問いつめても、子供の口はますます重くなるだけですでも放っておいたら、どんどん親子の対話がなくなってしまうのではありませんかとおっしゃるお母さんもいますが、そんなことはありません。
勉強ばかりさせられている