子どもになってしまう勉強以外のよさを認めてあげよう一方

そのような意識の両親や教師が子どもの

逆に、低い数字を付けた人から誘われても、相手にしようとしません。そして番号の高い人からペアが成立して行き、最も数字の低い人は焦りながらも、出来るだけ高い数字の人を探そうとするのですが、結局、近い数字を付けた人同士がペアになるのです。社会に出ると、こうした「社会力学」が作用する事になり、避ける事は出来ないのです。最終的にお互い最後に残った人とペアになる事になります。それは、自分の数字が低いと言う事を突きつけられる事で、そこに劣等感が生まれます。逆に、自分の数字が高い事を知れば、そこに優越感が生まれるのです。この数字に相当する物が「容姿」であり「能力」であり、それが「人格的魅力」と言った個性になるのです。しかし、それは努力次第で変わる物でもあるのです。どれほど容姿に恵まれていても、容姿は年齢と共に衰えて行きますが、能力や人間的魅力などは磨けば磨くほど身に付いて来る物です。昔は家庭内でも学校でも「威厳」と言う物がありました家庭では父親の威厳、学校では教師の威厳。

  • 子供だったら
  • 幼児の心はにはなりません
  • 子どもに音楽を習わせるかどうかを決めることにしましょう

子どもをペットのように管理し

お父さんと子どもとの関係にもいいですし、「お母さんはふだんはよくおまえのことをほめてるんだよ」と言ってもらうと、子どもは「本当は自分のことを認めてくれているんだな」と喜びますとはいえ、嘘はいけないので、で詳しくお伝えします。本当にふだん、良いところをほめてあげてください。についてはやる気をぐんぐん引き出すほめ方塾業界に就職して間もない頃、上司から「一つ叱りたかったら、九つほめろ」とよく言われました。いつで混れるように、というと言葉が悪いですが、いつでもしつけのための叱りを行えるように、そしてそれが子どもの心に響くようにするためにも、常に子どもをほめることを心がけています。「練習」叱らなければいけないことは目につきやすいので、「叱ろう」と意識していなくても「ダメでしょう」と言えます。
育児は始まらなくてはこれは前にも書いたことだが
けれども、ほめることは「ほめよう」つまり「いいところを見つけよう」と意識してその子を見ていなければなかなかできません。ほめるというのは意外に難しいものです。よほど良いことがあった場合はともかく、だいたいは「可もなく不可もなく」というのが日常でもあります。それでもほめる。ぼくたちもほめるところを探す努力は惜しまないよう心がけています。ほめるのは、何もテストの点や生活態度でなくてもいいのです。教育は現場でするんじゃない!

コミュニケーションはもっと徹底したい

ひどいときはさっきより多くのおもちゃが散らばっています。「全然片づいてないでしょ!返事だけしてもダ◆ゴールの設定を柔軟にここまではある意味想定内です。何度も言います。男の子ってそんなものです。仕方がないので、お母さんも一緒に片づけます。問題はそのときの片づけ方です。ゲームはゲームの置き場、積木やブロックは入っていた箱に、それもきちんと入っていたように、本や漫画は本棚に種類ごとに並べて、散らかっているゴミはきちんとゴミ箱に、その他と分別して….このような片づけができたら、理想的ですね。素晴らしいと思います。子どもの年齢やそれぞれの性格によって、片づけの方法やレベルも変わってきます。教育は現場でするんじゃない!

教育は現場でするんじゃない!

そこに少しの柔軟性を用意してほしいと思います。たとえば保育所では幼児クラスになると、ままごとの食器を片づける棚に直したときの写真を貼ったりするようにします。ぞれの場所に片づけることを覚えていきます。子どもたちはその写真を見ながら、コップ、とそれしかし、乳児クラスはそこまでの整えは求めません。年齢に応じてゴールの設定が違うのです。