大学の先輩

子どもの要求に対して

また、教師の中には、成績の悪い子どもに対して特殊学級へやってしまうぞと脅迫している者がぁります。精神薄弱児の人権を無視していることにもなり、子どもたちに差別の教育をしていることになります。このような発言をする教師は、教育者としての資格はありません。
実は、障害という概念についても、それを追求してみますと、劣るというよりも個性としてとらえられることが少なくありません。個性とは、その子どもが持って生まれた一つの特性と言えるものです。また、これまで障害児と言われてきた子どもについて、
個性を見つける教育の方法をもっともっと開発していく必要があるのです。

母さん私はここで死にます

個性を見つけるという教育は、ふつう児にも言われなければならないことですから、教育の理念は、両者に対して少しも変わらないことになります。
その点で、現在の画一的な教育が、子どもたちを差別し、福祉の理念に反するものとなっているのみでなく、正しい意味での友達関係を破壊することにさえなっていることを考えてみなければならないでしょう。
一人一人の子どもを大切にする--このことは、をも含めて考えられなければならないことですこれまで障害児と言われてきた子ども
子どもを人質にしないPTAを教師は、子どもたちの両親を大切にすることが必要です。どの両親も、自分の子どもを教師によって伸ばしてもらうことを期待していますし、それにも増して、教師から可愛がってもらうことを期待しているのです。ですから、先生の言うことは、よく聞くのですよと、教師に対する絶対的な忠誠をさえ教えてきたのです。

 

子ども自身がまるで気づかないうちにです。

子どもは甘えても甘えて子供の育ちざかりにはいろいろと工夫してできるだけ

それに応えるためには、子どもはもちろんのこと、両親をも大切にすることです。ところが、学級の子どもに問題があると、その両親を非難する教師になってしまうことがあります。両親も、教師と同様に、未成熟な人格の持ち主であり、ともにいろいろな悩みを持っている存在です。そのことに思い当たるならば、両親とともに少しでも成熟しようと、相携えて努力しようという心になると思います。ところが、教師という立場になると、いつの間にか、高所から、両親に対する訓戒や説諭をする状態におちいってしまいます。しかも、訓戒·説諭をしたままで、ともにどのように努力をしたらよいかについて話し合おうとしません。つらい思いをして家に帰ってきた両親は、子どもを責めるだけに終わりますます問題行動を著しいものにしていることが少なくないのです。

大学の教授になったばたずさある母親は、教師によって
子どもを人質にされたようなものだと述懐していました。
先生に何を言っても受けつけてくれないというのです。つまり、教師は、似て非なる権威権力にあぐらをかいていることになり、封建時代そのものの姿があるというのです。
民主的な社会では、教師と両親とが対等に話し合うことが必要ですし、それがPTAの理念です担任教師にものを言うことができなくなった両親は、そのまま泣き寝入りをしていることもありますが、他の教師を頼って不満をぶつけることがあります。そのようなときに、母親に同情して担任教師の悪口をそれとなく言う教師もいます。子どもたちには、いつも仲よくしなさいと言っているのに、教員室の空気は、いつも陰にこもって仲がよくないということが、しばしばです。
子どもの着替えをさせる
子どもの着替えをさせる

育てそれに自己をささげることができる人である。

子どもには自発性の発達が妨げられています。教員同士が本当に仲よくするにはどうしたらよいか、同僚をよく言える教師になるにはどうしたらよいか、その点について、新しい教員室の雰囲気を作り出す努力が必要になります。それが、実は、子どもの問題を解決することになり、協力して両親の悩みを解決することにもなるのです。
その点では、まず、古い時代のとくに封建時代から伝わってきた教師の権威権力を、もう一度考え直してみることから始めなければならないでしょう。民主的な教育を子どもたちにしなければならないのに、教師の意識がタテ社会のものであったのでは、決して本物にはならないでしょう。両親を大切にし、同僚を大切にする教師になるよう、教師自身の人格の変革が必要です
知っていることとできること
身のかたわらに美しいと付けて
しつけと読みます。

子どもたちに教えたのではありません。

誰が使い始めたのか、本当によく考えて作られた漢字だと思います。
ことの善悪、何をすべきで何をすべきでないかを、まったく知らない白紙の状態で子供は生まれてきます。これを教えるのは親の仕事です。しかし、単に頭の中の知識として覚えさせただけでは、しつけをしたとは言えません。教えると同時に、その実践を習慣として身に付けさせた時、私たちは初めてこれをしつけと呼ぶのです。すなわち、理解に行動が伴っていなければなりません。知っていることできることとは別なのです大人はどうでしよう。して良いことと悪いことの区別もつかないほど非常識な人は、ごくわずかだと思います。子どもなのだ。


子供の育ちざかりにはいろいろと工夫してできるだけ 子どもはそれを信じ 父親は家にいる時間が昔